新人仕事辞めたい

仕事が自分に合ってないから辞めたいと思っていませんか?

今の仕事が自分に合っているのか分からなくなってくると、自然とこの会社から去ろうかなっという思考に傾倒してしまうことはよくあることです。

私も新人の時によくそのように考えることがありました。私の場合は自分がこの会社にとって必要とされているのかどうかを強く感じてしまったからです。

会社を辞めようと思っている方はその会社に不満があったり、職場環境が過酷だったり、自分の存在意義が見出せなかったり、理由は様々あると思いますが共通している根本的な思考として社会の厳しさを甘く見ていたっと言わざるを得ません。

私もその一人でした。私の時は上司に恵まれていて辞めようを思っていることを打ち明けたら、その上司の人も常に退職したいと考えている。っと逆にカミングアウトされ時に驚愕したことを今でもはっきりと覚えています。

そしてその上司からは「今のお前にはまだ何も期待してないし、求めてない。それは会社の方針でもあるし、俺もまったく同じだ。正直戦力とは思ってない。」っとはっきりと言われ、少し気が軽くなったのを覚えています。

さらに「ただし、半年後や1年後には少しずつ成長していったお前にはちょっとずつだけど、任せていきたい仕事もあるはずだからは、今は基本をしっかりとやっていくことがお前の仕事だな」っと言われたときにもう少し続けてみようと考えを改めることができました。

企業は1年目の人間には本当になにも期待してないです。私も実際に部下を持った時になにも期待してないですし、むしろいろんなことを体験して基礎の部分を養ってほしいと強く思っていました。

それに今やめたいと思っている人は今後どうしますか。再就職するにも意外と大変な労力が付きまといます。

企業からしてみれば「なんでこの人は1年もつづかなったのだろう」っと人として忍耐力がないのかもしれないな。っと見るのは至極当然です。

人事担当者はプロなので正当そうな退職理由を述べても見透かされまし、今の就職した企業よりも大きな企業への就職は高確率でできないと思ったほうが良いでしょう。

自分にとって何が一番良い選択なのかを見極める事が非常に大切です。大義をもって退職するならば是非してください。例えば企業するとか、留学するとかなどになります。

でも漠然とした会社への不満なのであれば一旦踏みとどまって下さい。そして、覚悟を決めるのです。天職は巡り合うものだと思っている人いるのであればそれは大いに間違っています。

天職とは自分で決めた企業の業界に対して骨を埋める覚悟で全うする職業の事なのです。自分に合っている仕事に巡り合うっというのは極めて受動的な天職でしょう。

しかし、覚悟を決めて自分に合っている仕事とすることは能動的な天職だと私は思っています。私も実際に嫌々仕事している時は本当に辛かったです。

この辛さから逃げたくなったことは日常茶飯事でした。気持ちも凹んでしまうので毎日が欝な状態での業務でした。

その気持ちが非常に嫌で仕事について考えることを辞めたら何とか乗り切ることはできましたが、毎日が退屈なことに変わりはなかったです。でも続けることはできました。

そんな時に小さな内容ではありますが自分の好きなようにやってみていいので販促活動を任された時に、一から自分で考えて実践したことがすごく楽しく感じたことを今でも覚えています。

それは入社して10カ月頃の話です。それまでは言われたことを淡々とこなすだけの事務作業が多く、気が付けばその事務作業もかなりの速度で出来ていたみたいです。

これは当時の上司に飲みの場で言われたことでその時に初めて気づきました。その時の作業速度であれば販促の案件を任せても大丈夫だろうと思っていたそうです。

その販促の一件以来、仕事が少し楽しくなるように感じた私は自分で販促案の提案を上司にしていました。

それの積み重ねて仕事を続けることができたのでは無いかと感じています。その時に私はこの業界でやっていこうと強く覚悟をしました。

今、会社を辞めようと思っている人で漠然とした不満なのであれば、今は辛抱して続けてみてください。覚悟もしてください。半端気持ちでは仕事は続きませんし、一緒に仕事をしている人たちに対しても非常に失礼です。

新入社員だからと許されるのは3カ月までだと思ったほうが良いです。みなさんは会社から給料をもらっています。みなさんに求められているのは将来性です。

企業はその将来性に投資としているのです。いつかは利益をもたらしてくれると企業は信じています。そして、はっきりと不満があって辞めようと思っている人はそれを上司にぶつけるべきです。

「お話があるのでお時間をいただけませんか」っと伝えれば話す機会を捻出してくれます。

上司には新人教育の責任もあるので採用に対してかかった経費を無駄にすることは自分の評価に繋がることなので高確率で機会を捻出してくれます。その場で不満をぶつけて下さい。

解決はきっとしません。だけど、その不満を上司が知っているっということは配慮の対象になることでしょう。このことがものすごく大事です。

自分がその企業で働き続けるのに必要なことですので恐れずに打ち明けましょう。

ただし絶対に抑えて欲しいポイントして「謙虚であれ」っということを決して忘れないようにしてください。相手も人なので不満だけをぶつければ反感を買ってしまいます。

謙虚も織り交ぜつつ打ち明ける事。言葉の使いまわしや伝え方に謙虚さをもってください。最後に大義があって辞める事を考えている人は即座に辞めてください。

企業にとっては早く辞めて欲しいです。利益を多大にもたらしている新入社員であれば引き留めの対象になるかもしれませんが、そうでないのであれば人件費がものすごく痛手であることに違いはありません。

それでもまだ居続けているのであれば、自分の人件費以上の利益を会社にもたらしてください。


PAGE TOP

Copyright (C) 2014 もう無理!新人だけど仕事を辞めたい! All Rights Reserved.